【平野区】  さらば、ダイヤモンドシティ

NO IMAGE

喜連瓜破の象徴ともいえるダイヤモンドシティ東住吉ショッピングセンターは本日20時を持って、34年間の歴史に幕を閉じました。建物の一番上にあるダイヤモンドシティとジャスコの看板。ジャスコのJをあしらったあのマークと、ダイヤモンドシティの頭文字をとったマークは日本国内の店を探し回っても、ここにしかないような気がしますので、大変貴重といえるのではないでしょうか。もっとも、駐車場案内の看板は今の『JUSCO』マークですが・・。
イオンの説明会に行ったときに、スクラップ&ビルド戦略というものを聞きました。何でも、古い店を潰して新しい店を建てていくという戦略だそうです。維持費がかかり、狭くて老朽化した店を改装したり建て直したりするより、校外の広い土地に駐車場つきで、1フロアで幅広い品揃えができる大型店を出すほうが収益が上がるのは目に見えています。既存の店をどんどん閉めていくのは会社の利益のためにはやむをえないと思うものの、閉店してしまった街のことを考えれば、冷酷だなという気がしないでもありません。そういえば、我孫子にジャスコとライフが並んで建っていたと思いますが、どうなったのでしょう??なんか閉店してそうな気がしますが・・。
堅い話はここまでにして、ワタクシも夕方店に行ってまいりました。最終日とあって人出も多かったですね。売り尽くしセールのおかげで空棚が目立ちました。ルーズリーフなんかグラフ用紙を除いて完売していたほどです。
なによりも驚いたのが商品の値段。売り尽くしで安くしているところを更に安くしていたためか、1ケタ台のお会計もあったようです。
明日から撤収作業に入るとは思いますが、跡地が何になるか気になるところです。今までご苦労様でした。
diary_2004.10.02-01.jpg

街観察カテゴリの最新記事