開高健文学碑建立除幕式

NO IMAGE

本日北田辺駅前において、地元出身の文学作家である開高健氏の文学碑の除幕式が行われました。ご来賓の方々は、関淳一前大阪市長や作家・難波利三、直木賞作家・藤木直人氏のほか、議員さんや地元の団体の方々も来られており、豪華メンバーが勢ぞろい。
1・2・オーパ!の掛け声とともに除幕されたその記念碑には、開高健が北田辺に住んでいた頃に書いた『破れた繭』の一部が書かれており、駅から東側は田んぼだらけだった様子が伝わってきます。
この貴重な文学碑、後世までちゃんと残せるよう大切にしていかないといけませんね。壊したらだめですよ~
追伸:関西テレビ(8ch)のカメラが来ていました。
夕方のニュースあたりで映ると思います。
diary_2005.11.05.00.jpg

イベント・祭事情報カテゴリの最新記事