地下鉄8号線が延伸

NO IMAGE

大阪市が建設を進めている地下鉄8号線は、現在は東淀川区の井高野(いたかの)から東成区の今里までですが、本日付の日経ネット関西版によりますと、2011年完成を目指して湯里6丁目まで延伸して全線開通させるため、国に延伸部分に対する補助金を要望しているとのことです。
東住吉区内に出来る駅は、杭全・今川2丁目・中野町・湯里6丁目の各交差点となり、現在今里筋を走っているバスは大幅な減便か廃止の可能性があります。また、中野町では地下鉄谷町線と交差しますが、交点に駅は出来ませんし、湯里6丁目は他に連絡する鉄道がありません。
なんか地下鉄が出来ても不便としか言いようが無いですね。
湯里6丁目からはバスだけでは不便なので、喜連瓜破駅か矢田駅へ線路を延ばすことによって、ネットワークを充実させることが必要かと思われます。
また、廃止されるバス停を使っていた人は、気軽に使える生活の足を奪われることになり、地下鉄の駅が出来たとしても、わざわざ地下まで降りていかないといけないのは不便だと思います。
並行する近鉄南大阪線も地下鉄を必要とするほど混雑していませんので、地下鉄開業により今まで以上に乗客が減ってしまえば、近鉄のことなので減便する可能性が大きく、ますます不便になり、沿線の商店街が寂れるという悪循環に陥ります。
地下鉄をわざわざ作るほどではないですし、バスの増発や行き先の充実などで十分な気がします。まだ国に予算を要望しただけなので、今後の推移を見守って生きたいと思います。
大阪市営地下鉄8号線、南に延伸

交通機関カテゴリの最新記事